CGネットについて

牛島 信(うしじま しん)

牛島総合法律事務所 代表弁護士
社外取締役企業 日本生命保険相互会社
社外監査役企業 株式会社朝日工業社
松竹株式会社
略 歴 1975年 東京大学法学部卒業
1977年~1979年 検事(東京地方検察庁他)
1979年~1985年 弁護士
(東京所在の渉外法律事務所にて外資関係を中心とするビジネス・ロー業務に携わる)
1985年~ 牛島法律事務所開設
2002年9月 牛島総合法律事務所に名称変更
(現在、同事務所代表弁護士(弁護士54名・外国弁護士(日本無資格)2名が所属)

【著作等】
「アメリカ独占禁止法」(BIZ誌 講談社インターナショナル)
「アメリカ法実感」(BIZ誌 講談社インターナショナル)
「会社更生手続の国際化」(「NBL」商事法務研究会、米国で英訳版発行)
「経済の国際化と法手続の国際化」(「NBL」商事法務研究会)
「会社更生手続下にある日本会社に対する国外保証債権者の地位に関する一事例」(「債権管理」きんざい)
「企業法制の将来像」(「取締役の法務」2003年9月号 商事法務)
「判例と指針・基準からみた社外取締役選任のポイント」(「経理情報」2005年9月20日号(共著)中央経済社)
"Shareholders' Derivative Suits" (「JAPAN BUSINESS LAW REVIEW」誌 Vol.1, No.1(共著)2006年4月 ILS出版)
「敵対的買収に対する防衛手法について」(「自由と正義」寄稿 2007年7月 日本弁護士連合会)
「日本の弁護士から見た外国法事務弁護士の実態 -彼らはどのような資格により何ができるのか-」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿 2007年6月号 ILS出版)
「独立委員会についての試論 -日本企業の敵対的買収防衛策に関する取締役会の決定が問題になる 理由-」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿 2007年7月号 ILS出版)
「企業不祥事この10年-10年先を見据える-」(「ビジネス法務」寄稿 2008年7月号 中央経済社)
「株主代表訴訟」~元役員に583億円賠償命令! 蛇の目ミシン代表訴訟の意味~(「週刊東洋経済」2008年6月14日号 東洋経済新報社)
特集 風雲急!ザ・株主総会#6「ガバナンス強化のうねりが高まれば来年以降の株主総会は激変する」(「経済界」2008年7月1日号 経済界)
「コーポレート・ガバナンスと企業法務-敵対的買収の防衛と独立委員会の役割-」(「Business Research」 2008年7月1日発行 企業研究会)
「法科大学院開設5年-求められる人材は-」(毎日新聞2008年7月4日(土)朝刊)
「「企業価値研究会」が示す買収防衛に関する新しい考え方」(全国社外取締役ネットワーク第42回セミナーレポートVol.2008-5 平成20年12月1日発行)
ビジネス法務「もう「閑散役」はいらない」(「日経ビジネス」2009年9月28日号 日経BP社)
「日本のガバナンスに劇的な変化が起きようとしている」(「経理情報」2009年10月1日号 中央経済社)
「経済不況と国際法律事務所への影響」(「自由と正義」寄稿 2009年10月 日本弁護士連合会)
「労働法とコンプライアンス-「労働監査(レイバー・オーディット)」の勧め」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿2009年11月号 ILS出版)
「株式取得に関する独占禁止法の改正とM&Aへの影響」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿 2010年1月号 ILS出版)
「弁護士の目から見た日本航空再建策の問題点-人員削減計画は本当に実現できるのか-」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿 2010年3月号 ILS出版)
「これからの訴訟のあり方と増大する訴訟リスクに対する対応策」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿 2010年4月号 ILS出版)
「加速する国際化時代を生き抜くために日本の弁護士は「外弁」とどう向き合うべきか」(「月刊ザ・ローヤーズ」インタビュー 2010年7月号 ILS出版)
「どうする日本の弁護士人口-5万人超を目指して社会情勢に合わせた合格者数増を毎年3000人を目指すが当面は2000人増が適当-」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿 2010年12月号 ILS出版)
「ポスト過払いとしての未払残業代請求 消滅時効2年間の未払残業代の規模は「過払いバブル」に匹敵」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿 2011年1月号 ILS出版)
「第一線ローヤーが語る2012年以降の新たな法務問題-コンプライアンスが十分機能するような内部統制体制の整備を-」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿(共著) 2012年1月号 ILS出版)
「第一線ローヤーが語る2012年以降の新たな法務問題-「有期労働契約の法規制」の帰趨 労働者の四割近くを占める非正規雇用者全体に影響-」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿(共著) 2012年1月号 ILS出版)
「第一線ローヤーが語る2012年以降の新たな法務問題-今後企業がさらされる訴訟の危険性について強まる消費者保護の動きと集団訴訟制度の将来-」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿(共著) 2012年1月号 ILS出版)
「実務解説 沖電気の不正会計事件を機に考える-海外子会社管理のポイント-」(「ビジネス法務」
2013年1月号 中央経済社)
「日本的コーポレート・ガバナンスへの期待-オリンパス事件を契機として-監査役制度を実質的に機能させればコーポレート・ガバナンスの確立は可能」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿 2013年1月号 ILS出版)
「社長が解職される時-川崎重工の代表取締役解職決議を巡る法的問題点について-」(「月刊ザ・ローヤーズ」寄稿 2013年7月号 ILS出版)


【著述(小説)】
『株主総会』(幻冬舎、韓国語版及び英語版発行)
『株主代表訴訟』(幻冬舎)
『買収者』(幻冬舎、2007年7月英語版発行)
『取締役会決議』(講談社、「MBO」と改題して幻冬舎で文庫化、平成19年テレビドラマ化、DVD化)
『逆転(リベンジ)』(産経新聞連載、平成19年6月幻冬舎文庫)
『社外取締役』(幻冬舎)
『第三の買収~コンフリクト・オブ・インタレスト』(幻冬舎、平成21年6月幻冬舎文庫化)
『利益相反』(朝日新聞出版)
『あの男の正体』」(日経BP社、2014年9月)

【エッセイ】
『この国は誰のものか-会社の向こうで日本が震えている-」(幻冬舎、平成19年1月)
『常識崩壊』(幻冬舎、平成20年9月)
『やっぱり会社は「私」のものだ』(実業之日本社、平成20年12月)
『この時代を生き抜くために』(幻冬舎、平成23年10月)
『日本よ、いったい何を怖れているのか』(幻冬舎、平成24年9月)
『「雇用」が日本を強くする』(幻冬舎、平成25年9月)

【連載】
「日経携帯サイト」コラム“牛島信のプロフェッショナル・アイ”(平成19年1月~4月)
「月刊ザ・ローヤーズ」“パワー・オブ・アトーニー”(平成16年8月から連載中)
「Business Law Journal(旧Lexis企業法務)」“牛島信のローヤー進化論”(平成19年4月から連載中)
「金融・商事判例」“金融商事の目”(平成19年5月~平成20年1月)
「今、この株を買おう」”牛島信の箴言”(2008年冬~春号から)
「日経ビジネスオンライン」“本格企業小説 あの男の正体”(平成23年1月~平成25年2月)

【翻訳】
「リミテッド・パートナーシップ法」
「パートナーシップ法」他

【対談】
「いまそこにある日本のチャンス(ピーター・タスカvs.牛島信)」(月刊「現代」 講談社)
「検証・東京スタイル問題(池尾和人/牛島信/荻野博司/上村達夫)」(「取締役の法務」)
「「人とはなにか」を洞察するビジネス法務(野村修也×牛島信)」(「法学セミナー」)

【委員等】
株式会社朝日工業社 社外監査役(平成15年6月から)
日本生命保険相互会社 社外取締役(平成19年7月から)
松竹株式会社 社外監査役(平成23年5月から)
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(J LPGA)監事
一般社団法人不動産証券化協会(ARES)監事
一般社団法人価値創造フォーラム21 特任顧問
国際商事仲裁協会(JCAA)仲裁人
環太平洋法曹協会(IPBA)
日米法学会
東京大学法律相談所OB
第二東京弁護士会所属
全国社外取締役ネットワーク活動履歴日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム活動履歴 日本コーポレート・ガバナンス研究所