「中国における贈収賄リスクとその対応策~当局の最新動向と実例を踏まえて~」

日時 2016年9月13日(火) 16:00~17:30
場所 日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク会議室(港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル12F)
出演者 伊藤 ひなた 氏(中国弁護士、アクトチャイナ(株)代表取締役社長)

■ 概要

近年、中国において贈賄罪に問われる外資系企業が後を絶たない。特に、英国系大手製薬企業に対し530億円相当の過去最大規模の罰金刑が科された事例や、日系自動車部品メーカーに対し2.3億円相当の罰金刑が科された事例は日本国内でも耳目を集めた。
習近平政権の下、中国政府は腐敗を撲滅する方針を明確に打ち出し、日本企業としては、現地法人における贈収賄リスクを迅速に把握し是正した上で、贈収賄事件に巻き込まれるリスクを防止するために社内体制を構築することが急務となっている。
本講演会では、中国現地において贈収賄案件を多く担当する伊藤氏が、中国政府の最新動向を踏まえ、日本企業が認識すべきリスクを解説し及び実務的な対応を紹介する。 (講師より)

■ 出演者紹介(敬称略)

◎伊藤 ひなた(いとう・ひなた)
 中国弁護士、アクトチャイナ(株)代表取締役社長

中国弁護士、アクトチャイナ(株)代表取締役社長。北京大学卒。長年、日本及び中国を拠点として、日本企業の中国進出・事業再編・撤退、危機管理・不祥事対応、労務紛争など中国法業務全般に携わる。2011年に中国法務を専門とするアクトチャイナ(株)を設立し、現在に至る。
(会社ウェブサイト http://www.actchina.co.jp
中国における贈収賄問題については、複数の日本企業を中国現地において代理し、行政当局、司法機関への対応に当たる。
  • 全国社外取締役ネットワーク活動履歴
  • 日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム活動履歴
  • 日本コーポレート・ガバナンス研究所