日本コーポレート・ガバナンス・ネットワークが行うセミナー・シンポジウム

第155回セミナー
「英国の金融制度改革から学ぶ日本の資産形成アイデア」 

【日時】 2019年12月16日(月) 16:00~17:30
【場所】 日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク会議室(港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル12階)
【出演者】 野尻 哲史 氏(フィンウェル研究所 代表)

■ セミナーの趣旨

委員を務めている金融審議会市場ワーキンググループでは、「高齢社会における金融サービス」が重要な論点になった。この議論において参考になるのが、過去10年ほどにおける英国の金融制度改革だろう。なかでも、すべての企業に企業年金の導入を義務づけ、従業員に自動加入を行った改革、成人の半分が口座を保有するISAにおける高齢社会に向けた改革、金融商品の手数料を撤廃させた改革、金融教育における多様なアプローチなどが注目される。一連の改革のなかから、今後の日本の金融市場に対して重要な示唆を持つものを取り上げ、その課題と方向性を日本へ導入できるか、導入するとすれば何が課題になるかを検討していく。(講師より)

【野尻哲史氏著書】
『脱老後難民 「英国流」資産形成アイデアに学ぶ』

■ 出演者紹介(敬称略)

◎野尻 哲史 (のじり・さとし)
 フィンウェル研究所 代表

 ⇒略歴は こちら をご参照下さい。
全国社外取締役ネットワーク活動履歴日本コーポレート・ガバナンス研究所