日本コーポレート・ガバナンス研究所

日本コーポレート・ガバナンス研究所(JCGR)は、「グローバリゼーションの時代にふさわしいコーポレート・ガバナンスのあり方」について共通の理解を深めることを目的とするNPOとして2003年4月1日に発足しました。そのために独自のコーポレートガバナンス原則を定めています。現在の中心的な活動は、日本のコーポレート・ガバナンスの全体像を把握するために、アンケート調査により個別企業のコーポレート・ガバナンスの状態を測定し、“JCGIndex”として指標化することです。このJCGIndex調査を通して、わが国企業のコーポレート・ガバナンスが進展することを期待しています。

2011年は大王製紙やオリンパスの問題が世界の耳目を集め、日本ではあらためてコーポレート・ガバナンスの重要性が注目された年でした。2012年は、さらに議論が深められ、遅れている日本のコーポレート・ガバナンス改革に拍車がかかることが期待されます。そのような中、日本コーポレート・ガバナンス研究所(JCGR)は、2012年1月1日、全国社外取締役ネットワーク(社外ネット)および日本コーポレート・ガバナンス・フォーラムと合併し、統合組織である日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(CGネット)の一部局となりました。今後とも日本で唯一のコーポレート・ガバナンスの研究調査機関として活動を続けてまいります。

JCGRのコーポレート・ガバナンス原則

   

JCGRのコーポレート・ガバナンス調査

   

JCGRのコーポレート・ガバナンス指数

 

JCGR早朝勉強会

   共催:経営研究所

◆2018年「コーポレート・ガバナンス勉強会」「ファイナンス勉強会」

日本コーポレート・ガバナンス研究所(JCGR)は、日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(CGネット)の傘下において、日本で唯一のコーポレート・ガバナンスの調査・啓蒙機関として活動を続けております。その一環としてコーポレート・ガバナンスに関する正しい理解を共有するために、この数年、早朝勉強会を開催してまいりました。

2018年は「コーポレート・ガバナンス勉強会」「ファイナンス勉強会」の両勉強会を開催いたしますので、皆さまにご参加いただきたくご案内いたします。このシリーズは、JCGR若杉敬明所長の平易なレクチャーにより、コーポレート・ガバナンスおよびファイナンスの理論やベスト・プラクティス等を基礎から勉強するもので、初心者も上級者も楽しめる情報量豊かなレクチャーをモットーとしております。

⇒ 詳細はこちらをご覧ください。


 ◆過去の実績はこちら
  ⇒2017年「コーポレート・ガバナンス勉強会」「ファイナンス勉強会」
 ⇒2016年「コーポレート・ガバナンス勉強会」「ファイナンス勉強会」
 ⇒2015年「コーポレート・ガバナンス勉強会」「ファイナンス勉強会」
 ⇒2014年「ファイナンスと現代経営勉強会-ファイナンスを通して企業を見る-」
 ⇒2013年「コーポレート・ガバナンス勉強会」「実践経営学勉強会」
  • 全国社外取締役ネットワーク活動履歴
  • 日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム活動履歴
  • 日本コーポレート・ガバナンス研究所