CGネットについて

富永 誠一(とみなが・せいいち)

特定非営利活動法人日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク 執行理事 事務局長
略 歴 1968年生まれ。
大学院(工学研究科)修了後、エンジニアとして10年余り働いていた通信会社が外資系に買収されることを契機に、コーポレート・ガバナンスに関心を持つ。ビジネススクールに進み、「コーポレート・ガバナンス」とそこで重要な役割を果たす「社外取締役」の研究を行う。ビジネススクール在学中の2003年、前身団体である「全国社外取締役ネットワーク(社外ネット)」の設立に関わり、以来、事務局長を務める。

2012年「日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム」と「日本コーポレート・ガバナンス研究所」との組織統合で現団体名に名称変更。統合後の団体でも事務局長を務める。日本企業のコーポレート・ガバナンス改革、取締役会改革に多数関与。

著書に、『独立社外取締役』(商事法務、2009年12月)、『<社外取締役>のすべて~役割は何か/担い手は誰か』(共編、東洋経済新報社、2004年4月)、『コーポレート・ガバナンス改革』(共著、東洋経済新報社、2003年1月)。著作として、『ゲートキーパーとしての独立社外取締役』(証券アナリストジャーナル 2010年10月)などがある。